沿革

HOME » 会社案内 » 沿革

会社概要

設立の経緯から現在までの概況

アルバック成膜株式会社の設立から現在までの概況をご案内いたします。

1970 ハードマスクブランクスの試作、開発に着手
1971 シースルーマスク(ST-MASK)の開発に着手
1972 低反射クロムマスク(MF-MASK)の販売を開始
1973 MF-MASKの対米輸出を開始
1975 透明導電膜の製造および販売を開始
(以上(株)アルバック 旧称 日本真空技術株式会社において)
1979 アルバック成膜株式会社として分離独立
資本金1億円、本社・工場(A棟完成)を秩父市の現在地に移す
1981 B棟完成
1982 UF-MASK、PF-MASKの販売を開始
1984 C棟完成
1986 資本金9千万円増資(新資本金1億9千万円)
九州真空冶金(株)、稲畑産業(株)と合併にて米国にIHT Corp.を設立
マスク用ドライエッチング装置を開発、販売開始
1987 資本金8千2百万円増資(新資本金2億7千2百万円)
1988 ITO膜のパターニング開始
FPDカラーフィルター用クロム膜(BM)の製造を開始
1992 露光機を設置、BMのパターニング開始
1994 D棟完成
1995 ハーフトーン型位相シフトマスクブランクスの製造を開始
1997 ISO9002認証取得(JICQA NO.0205)
E棟完成
1999 次世代マスク用NLDEドライエッチング装置の製造、販売を開始
2000 アメリカ現地法人「IHT Corp.」が「ULCOAT U.S.A.,Inc.」に社名変更
2001 ISO14001認証取得(JICQA NO.E217)
台湾現地法人 台灣成膜光電(股)有限公司 設立
2002 ISO9001認証取得(JICQA NO.0205)※ISO9002移行認証取得
台灣成膜光電(股)有限公司 本社・工場完成
GNF-FED(フィールドエミッションディスプレイ)の研究開発に着手
2003 MEMSの研究開発に着手
2005 D棟増築(LM生産設備の拡充)
2006 品質・環境マネジメントシステムの統合(ISO9001・ISO14001)
ULCOAT U.S.A.,Inc.業務をINABATA AMERICA CORP.に移管の為、解散
ガラスMEMS商品の販売を開始
2007 FPD部をFD(Functional Device)部に名称変更し、ガラスMEMS商品を中心に事業スタート
2009 G棟完成
2010 LCD用ハーフトーン(F型・T型)マスクブランクスの販売を開始
2013 資本金1億7千2百万円減資(新資本金1億円)
2013 LCD用大型位相シフトマスクブランクスの販売を開始
2015 工場屋上に太陽光発電設備(最大出力285.6kw)を設置し発電を開始