品質・環境

HOME » 品質・環境

品質・環境マネジメントシステムの統合化

品質・環境マネジメントシステムの統合化

私達、アルバック成膜株式会社は、1997年に品質の国際規格 ISO9002(後に 9001へ移行)、2001年には環境の国際規格である ISO14001を認証取得し、地球環境の保護に全力で取り組みながら、より良い製品作りを行ってまいりました。

そして、これらの取り組みをより効果的、効率的に実現させていくため、2005年7月より、品質・環境の2つのシステムを統合し、運用を開始いたしました。これにより、今まで以上に高いレベルでお客様、地域の皆様、並びに地球全体に貢献できる会社を目指していきたいと考えます。

品質・環境方針

アルバック成膜は、品質・環境統合システムの運用をしています。

その統合システムに対する考え方を「アルバック成膜株式会社 品質・環境方針」として制定しています。

私達は、この方針に従って環境保全に取り組むとともに、この緑豊かな“秩父”を発信基地として全世界に向け、環境の大切さを訴えてまいります。

アルバック成膜株式会社 品質・環境方針

アルバック成膜株式会社は、当社が行う製品の設計・製造・販売のすべての活動において、常にお客様のニーズに応える最高水準の品質を提供するとともに、地球環境の保全に全力を上げて取り組みます。

  • 顧客満足度の向上のために、お客様からの声に常に耳を傾け、品質の向上に努めます。
  • 環境保全に関する法規制及び当社が同意するその他の要求事項を遵守致します。
  • 品質及び環境マネジメントの重要課題として以下の実現を図ります。

    ①お客様の要求に応え、かつ期待を越える品質の提供

    ②省エネ、環境にやさしい製品の提供

    ③生産性の改善による省エネ化及び省資源化

    ④製造工程及び製品からの有害化学物質の削減とその継続

    ⑤排出廃棄物のリサイクル化の促進

  • 本方針を全ての従業員及び構成員に周知し、達成のため全員参加で取り組みます。
  • 本方針は、一般に公開します。

2013年7月1日
アルバック成膜株式会社
代表取締役社長
五野上好則